Pocket

活動背景

社会への参加を阻まれ、貧困の連鎖から抜け出せない路上の青少年

急速に経済成長を遂げているフィリピンですが、経済格差は一向に縮まらず、路上で生活する25万人以上の路上の子どもたちは、経済成長の恩恵から取り残されています。

その主な理由として、路上の子どもたちの教育問題が挙げられます。GDP(国内総生産)への貢献度が91.7%を占めるサービス業及び製造業の両業種(2019年国家統計)が、フィリピン経済を牽引していますが、両業種に就職するためには、高卒資格または就業経験が必要であり、小学校も卒業していない都市部の路上の青少年の多くが、社会参加を阻まれています。

 

さらに、現地教育省が提供している代替教育制度*や職業訓練を受講するためにも、出生登録や高卒資格が必要であり、安定した職業に就くための知識や技能を身につける機会からも阻まれ、路上生活から抜け出す可能性を閉ざされた青少年が、新たな路上の子どもを生み出すという「貧困の連鎖」が続いています。
*現地では、”Alternative Learning System=ALS”と呼ばれ、日本の定時制学校に類似する制度

現地の声
元路上の青少年:
私は代替教育制度を利用して小学校を卒業することができましたが、高卒の認定試験には合格できず、最終学歴は小学校卒業です。そのため、デパートやファストフード店に何度も応募しましたが、面接まで進んだことは一度もありません。地域の小さな食堂のお皿洗いの仕事に就いたことはありますが、1日の賃金は250ペソ(約500円、最低賃金の半分の額)で、自分の住んでいる地域から勤務先までの交通費は自己負担だったので、毎日の生活をしていくのが本当に厳しかったです。病気にかかっても、病院の診療代や薬を購入する余裕はありませんでした。
路上で生活している私の友達は、18歳の時に妊娠してしまい、子どもを産みました。友達は仕事がなく、旦那も日雇い労働なので、収入が安定していません。そのため、毎日の子どものミルクやオムツの費用を賄うのが大変そうです。

活動内容

路上の青少年が社会に参加できる場を増やすために、アイキャンでは2010年より、パン屋を併設したカフェを開業すべく、路上の青少年に技術訓練(パン作り研修、営業研修、マーケティング研修等)を実施し、フィリピン初の路上の青少年によって運営される「協同組合カリエ」を設立しました。

カリエはタガログ語で「路上」を意味し、Kooperatiba Alternative Livelihood Youth Empowerment (路上の青少年が力をつけて、代替的な収入を得るための協同組合)の頭文字を取って、KALYE(カリエ)という名前が付けられています。

 

2015年には路上の青少年の夢をのせたパン屋をオープンし、その後移転を経て、2016年にはフィリピン最高峰のフィリピン国立大学のキャンパス内に「カリエカフェ」をオープンして、パンやコーヒー、パスタ等を販売し、収入を得ることができるようになりました。

カリエカフェは、路上の青年に安定した収入を得る機会や職業訓練のための場を提供する目的以外にも、元路上の子どもが社会に貢献する姿を一般市民に伝えて、路上の子どもの課題を社会に対して啓発するという目的と、売り上げの一部を路上の子どもに対する活動費に充当して、路上の子どもの課題を解決するという目的も掲げています。そのため、路上の子どもたちの現状や自身の経験を載せた「路上新聞」の発行を通した啓発活動や、路上の子どもたちへの路上教育(生活する上で必要な知識や技術を教える)も実施しています。

2020年3月からの新型コロナウイルス感染拡大により、店舗を構えて運営することが困難な状況に陥ってしまいましたが、現在はオンラインを活用したフィリピンのお菓子(バナナチップス、ドライマンゴー、ラスク等)の販売を通した新たな挑戦を開始しました。

活動の成果

フィリピン初の路上の青少年によって運営される「協同組合カリエ」は、フィリピン最高峰のフィリピン国立大学(政府高官となる者が多い大学)のキャンパス内に「カリエカフェ」をオープンし、パンやコーヒー、パスタ等の販売によって、収入を得ることができました。

また、路上新聞の発行や講演を通して、フィリピン大学の学生に対して、路上の子どもの課題を啓発しました。

 

2020年3月からの新型コロナウイルス感染拡大により、店舗を構えて運営することが困難な状況に陥ってしまいましたが、カリエカフェの活動を通して、路上の青年は安定した収入を得る機会が得られるようになったとともに、社会参加の阻害により、路上の青少年が経験できなかった「人から感謝をされ、誰かから必要とされる」という経験を得る「居場所」を得ることもできました。

実際にカリエでの就業経験をもとに、就職先を得ることができた者や、自己肯定感の高まりにより、人前で話すことができるようになった者もいます。

現地の声
カリエメンバーの青少年:
僕は高校も卒業していないので、安定した職に就けたことは一度もありません。それは、僕と同じように路上で生活する仲間にも当てはまることです。毎日その日暮らしの生活をしていた時に、僕たちはアイキャンと出会い、仲間と一緒にカリエカフェのオープンに挑戦することを決意しました。最初は自分にパンは作れない、恥ずかしくて接客できないと思っていました。ただ、研修を受けて多くのことを学び、少しずつ自信が生まれてきました。
2015年にカリエカフェを遂にオープンした時は、非常に嬉しくて、夢が叶ったと思いました。カリエカフェを通して収入を得られるようになり、お客さんから「このパン、美味しいね」と言われた時、本当に嬉しい気持ちになり、カリエカフェをしていて良かったと感じました。また、フィリピン大学では学生の前で、カリエカフェの宣伝と啓発活動をしたことがあります。以前の僕たちだったら、人前で堂々と話すことは絶対にできませんでした。あと、路上の子どもたちに路上教育を実施して、自分の路上生活の経験と、どのようにして路上から脱出したのかを共有したこともあります。
カリエカフェの運営を通して、収入だけでなく、路上の子どもたちが苦労しない社会を作っていくことが、僕たちの夢です。そして、カリエカフェを今後も継続していくことも、僕たちカリエの夢です。僕にとってカリエの仲間たちは家族です。自分自身の家庭では経験できなかった絆や信頼が、カリエにはあります。

活動に寄付する

フィリピンでの活動全般に寄付をすることができます。例えば・・・


お預かりしたご寄付は職業訓練を含むフィリピンでの事業のうち、最も必要とされている部分へ充てさせていただきます。